2011/11/11

秋の色彩

秋ですね、今年は秋が長い。

せつなくて満ちていて大好きです秋。


働けECD を読んでいると

理解してくれる人が身近にいるって

なんて幸せなことなのかしらと感じる。

表現することから逃れられない超めんどくさい人種の人たちが

めんどくさい家族という存在を作り

めんどくさい生活というものをやってのけていく。

そもそもみんな孤独なので、表現者だけが特別孤独なわけじゃない。

あったかい存在を作ることで、削がれていくものもあるだろう。

でも、わたしは身近なひと、自分も含めて

幸せでいてほしいと思う。

そういう中で作るものが仮に何かより、ぬるかったり甘かったりしたとしても。

過酷な環境に自分を置いたからといって

研ぎすまされたものが作れるとは限らない

とおもうんです。


秋のてんぷら。


これは栗。